About Us

_MG_0795-1

「といてら」って変な名前

 

「問い」を立てて、学び続ける、現代の寺子屋という意味なんですね。


今の日本を作った原動力は

明治維新を乗り越え、
欧米の工業化を追い越していった日本の源は、
江戸時代の「民」の寺子屋に力が大きく貢献していたと言われています。


要するに他のどの国よりも高い識字率を誇り、
マナーやルールを守る教育が、
優秀な労働力を生み出す力となりました。


江戸時代の教育制度

江戸時代には、
藩校、私塾、寺子屋という形態があったそうです。

藩校とは、その藩の武士のための学校で、
〇〇館と呼ばれているようなものです。

私塾とは、
吉田松陰などが創設した「松下村塾」
緒方洪庵が設立した「適塾」などが有名ですね。


寺子屋とは

寺子屋は、主催も多様な身分の人が中心となって開いていたようで、
主体が誰なのかの記録も非常にあやふやなようです。
中心は、浄土真宗のお寺が中心だったようです。
その頃は、子供を手習いするときお寺に預けてお坊さんに躾教育をしてもらっていたので、
「寺子」と呼ばれていました。

寺子屋の目的は、コミュニティーの課題解決に貢献するために必要な知識を与えるところ。

押し付けられた教育ではなく、実用性に富んだ内容を学ぶための、
町民、農民などの庶民が必要とした大衆教育施設でした。

そのために、他の子供より、できるとかできないとかいうことは全く必要なく、
それぞれの個性を大切に、相互に学び合う雰囲気が作られていました。
多様な年齢層の人間が集まり、成長するためには、比べないということがとても大切になります。

その寺子屋の精神を現代の学習理論に基づいて、広げていこうという目標を持っています。


考えるとは?

 

人は、考えているつもりでも、ただ自分の慣れ親しんだ思考パターンをなぞっているに過ぎません。
深く考えるためには、「問い」を立てることが大切になってきます。

今、自分に質問をしてみましょう?

なぜ、これを読んでるの?

これって本当か〜?

どうですか?


アインシュタインの言葉で、
「大切なのは、自問自答し続けること」
問いを立てて、学び、成長し続ける自分を作るために。

問いを立てて、寺子屋で学ぶように自由に

だから「といてら」。

toiee-labが最新の学習理論に基づいて設計された講座を開催しています。



toiee-labについてもっと知りたい


 

DSC00041
DOI3205
P5048164

                                   小野和彦 ストーリー



小学生の頃から空に憧れて、PILOTになる事が夢でした。

航空大学校

1年の浪人後に航空大学校に入学、
2年8ヶ月の訓練生活を終え、
あこがれの日本航空に入れると思っていた卒業の前年、
突然の石油ショックで就職の枠が狭くなり、
 
SONY

空と関係のないSONY商事株式会社に就職。
2年半、営業を学びました。

 

ヘリコプター


空への夢は捨て切れずに、当時の農林水産航空協会というところでヘリコプターの免許を取り、
当時の東亜国内航空に入社。
フジ産経グループの取材飛行を担当し、
ヘリコプターと、小型ジェット機に乗務していました。

定期航空へ

その後、路線飛行部門に移り、DC-9型機の副操縦士になり、3年後に機長、
最終的には、機長、副操縦士、約150人を統括する第一路線室長という立場になりました。

会社も
東亜国内航空、
ジャパンエアシステム 、
日本航空と変遷して来ました。

なんとか最後にはあこがれの日本航空に入る事が出来ました。


しかしさすがの日本航空も時代の波には勝てず、
乗り続けたDC-9も退役となった年、2010年に早期退職を決断します。

 

ラストフライトが飛べなくなった


最後にその機種の統括である私がラストフライトをする予定で進んでいました。

しかしそのフライトの10日前に下垂体に腫瘍が見つかりフライトを下ろされてしまいます。

まさか自分のフライト人生がこんな終わり方をするとは夢にも思っていませんでした。
とは言え、無事故で終わる事が出来たのはとても幸せなことでした。


PILOTの仕事は非常にメカニカルな仕事だと思われていますが、
相手にするのは自然と人です。

私は、機長の仕事を通して、
チームビルディングやリーダーシップ、決断力、 教育する立場に立ち、
人を育てるコミュニケーションの大切さを学びました。
 
その後、退職、手術とめまぐるしく1年が過ぎ、 制服を着ない自分を振り返ったとき、自分の信念や観念が本当に正しかったのだろうか?という疑問が湧いて来ました。

フォトリーディング、マインドマップ、ヒプノセラピーを学び、
またいろいろなセミナーを受講し、多くの前を向いて生きている方々とお会いしました。
学ぶ力に気づく


最も大きな出会いは、toiee-labとの出会いでした。

今、自分がいるのは、学習の賜物です。
歩くことも、食べることも、喋ることも
すべてが、学習です。

人間は自然に学ぶ力を持っていることに気づきました。

これからの時代に必要な学び方を学び、人の可能性を心から信じることができました。

怖い、恐怖、不安は、自分の学ぶ力に気づいていないだけだったのです。

これからの時代は私達の年代が、もっと自由に、
想像力豊かに人生を過ごす必要があると痛感しています。

 

 趣味からも学ぶ

 

またウィンドサーフィンも約25年間続けて来て自然を感じるスポーツのすばらしさ、
自然と共鳴する生き方も学んで来ました。

継続してやって来たおかげで、
世界最高峰のプロのレースであるPWAに参戦出来るようになりました。



この風を肌で感じた経験は、最も緊張が高まる着陸や離陸の場面で、
私のPILOT人生を助けてくれたと確信しています。
 
今まで、目の前の事を乗り切る事で見えなかった事が、
ゆっくりと自分を見直す時間が取れた事で、客観的に見えるようになりました。


私達は〜をしなければ、~をやるべきだ、~を出来なければダメなんだ。
といつも何かに追い立てられるように生きて来ました。
そうして努力する事が善だと教わって来たのです。
 
しかし本当にそうでしょうか?
退職した後、言いようのない不安に押しつぶされそうになりました。
それが何処から来るのか?
やっと解りました。
 
このやらなければ、努力しないやつはダメなんだ。
そういう観念が私を縛り付けているのが解ったのです。


こうして思う事は、 この世の中は個人個人の脳が作り出した世界であり、
実際の世界は一人一人の頭にしか存在しない。


その世界を変える事が出来るのは、
自分の頭のプログラミングを自分らしく変えることでしかなし得ない。という事です。

未来を担う子供達には,
もっと楽しくもっとおおらかに自分の可能性を伸ばせる能力がある事に気づいて欲しいと思います。

「笑顔で学ぶ」を皆様と一緒に味わいたい、
また子供の天才性をもっとのばしたい、
子供の笑顔をもっと増やしたいと願って、講師として生きて行こうと決意しました。
 




人間の一生における可能性のすべての種や芽は、今の自分の中に存在する。

                                野口三千三

そこにあるものに目を向け、よく描く
「必要なものは、全部、あなたの目の前にある」
私だって、得意なことがあるはずだし、存在理由があるはずだ。

何かが私の中に息づいている。

それは一体なんだろ?
ブルースター・ギースリン 「三十八人の天才たち」

取得している資格や免許

学習関係資格
toiee-lab Live Learning Facilitator
Tony Buzan マインドマップインストラクター
Tony Buzan マインドマップインストラクター
Tony Buzan マインドマップインストラクター
ハーモニー体操 準指導員
航空関係取得免許

 

定期航空運送事業用操縦士技能証明
回転翼操縦士技能証明
航空局認定 特別操縦技能審査員

 

 
_MG_0846-1
会社名株式会社MANAOLAPULE マナオラプレ
創立年月日2011年11月24日
代表取締役小野和彦
事業内容人材育成事業
 航空安全促進サポート事業
 骨格模型製作サポート事業
 アロマテラピー普及事業
事務所〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-17-1 TOC第2ビル3F PoRTAL
電話045−517-0407
FAX045−517-0407